人形へのこだわり|雛人形・五月人形・浮世人形なら真多呂人形~大正8年創業~

人形へのこだわり

270年の伝統技法を継承する「真多呂人形」

大正8年創業の真多呂人形は、江戸時代の元文年間からおよそ270年受け継がれてきた伝統工芸品である木目込み雛人形・五月人形・浮世人形などを制作しています。こちらでは、磨き上げた木目込みの伝統技法に忠実に、真心を込めて作り上げる真多呂人形へのこだわりをご紹介します。

歴史ある伝統技法を現代に

歴史ある伝統技法を現代に

「木目込み人形」は、江戸時代、京都の上賀茂神社に仕えていた職人・高橋忠重が木切れに布を埋め込んで(木目込んで)人形を作ったのが始まりとされています。真多呂人形は、発祥である上賀茂神社から木目込み人形制作における唯一の正統伝承者として認定を受け、木目込みの伝統技法を現代に伝えています。

真多呂人形がなによりも大事にしているのは、正統伝承者の名に恥じない“確かな技”。初代正統伝承者である金林真多呂が伝統的な技術を忠実に受け継ぎ、それを二代目、三代目が継承し、彫塑やデッサンを深耕し現代の新しい感覚を取り入れながら伝統的な人形制作を総合芸術として高めております。

人形は「お子様への愛情の形」

人形は「お子様への愛情の形」

御多分に漏れず、人形業界も価格競争の時代です。素材・制作工程の多くを海外で行いながらコストダウンを図り、組み立てだけ日本で行っているというケースも少なくありません。しかし、海外で誰がどのように作ったかわからないものを「日本製」と言えるのでしょうか。どのお人形も一見美しく見えますが、実際手に取ってみると、お顔の表情や衣裳のデザイン、縫製の仕方、素材感など品質の差は歴然です。

真多呂人形は、木目込み人形唯一の正統伝承者として品質に一切妥協することなく、すべてにおいてお客様にご満足いただけるお人形をお届けすることをお約束します。人形の原型はすべて金林真多呂による手作り。それ以外の工程もすべて職人の手により、魂を込めて一体一体丹念に作り上げられています。

真多呂人形がお父様やお母様、お祖父様、お祖母様のお子様に対する愛情の代弁者となれたら、そしてお人形を通して愛情や絆を確認できる場に参加させていただけたのなら、これほど嬉しいことはありません。

万全のアフターフォロー

万全のアフターフォロー

どんなに精巧に作っていても、年月が経つと汚れや髪の毛の乱れ、髪飾りのズレ、虫喰い、手の破損などは出てきてしまうものです。真多呂人形ではお子様の成長にずっとお供できるように、そしてご家族の「一生の宝物」にしていただけるように、雛人形・五月人形・浮世人形などの修理や補修にも対応しています(年間300件以上)。ご来店もしくはご郵送にて修理・補修を承っておりますので、お気軽にご連絡ください。